Infonova R6

サブスクリプション基盤ソリューション

Infonova R6 はサブスクリプションビジネスに必要な機能を持った基盤(プラットフォーム)ソリューションです。サービスビジネスを管理し運営するために必要なほぼすべての機能を実装しており、通信・電力・マネージドサービス・保守・監視などのコト系ビジネスと機器・端末・装置・その他製品などのモノ系ビジネスを統合する事ができ、デジタル商材として販売するための機能を保持しています。
また、複数の代理店(仮想事業者)テナントを素早く立ち上げる事も可能です。

*Infonova R6はベリングポイント社(欧州)の100%子会社 infonova社のパッケージソリューションです

Infonova R6 の特徴

Infonova R6 は通信事業者のBSS(Business Support System)を元に作られています。
そのため、従量課金などの複雑な課金計算、割引オプション付与、ポイント管理や顧客受付(簡易コールセンター機能)、チケット管理、プロビジョニング接続(自社・他社とのサービス接続)、商材管理などの充実した機能を搭載しています。

  1. サブスクリプションビジネスに必須となる、顧客管理・商材管理・他社連携・受付(簡易コールセンター)・チケット管理・課金請求等の機能を実装しています。
  2. 自社・他社の商材を問わず、複合商材を扱う事ができます。(サービスオーケストレーション)
  3. マルチテナント展開が可能であり、代理店やパートナー企業との共同利用型システムが展開可能です。
  4. テナント間で商材を流通させることが容易に可能です。
  5. 従量制課金、定額課金やポイント決済、プリペイド、ポストペイド等の多彩な課金機能が実装可能です。
  6. プロビジョニング連携、メディエーション処理等が可能です。
  7. カスタマーポータルサイトやスマートフォン等に連携できます。
  8. 機器連携が可能です。(IoT,M2M基盤として活用できます)
  9. 多言語、多通貨対応です。
  10. 日本特有の決済、各国の決済処理に対応します。
  11. オンプレミス型、クラウド型の両方で利用可能です。
  12. SaaSとして月額課金型で利用することができます。(要相談)

Infonova R6 の主な機能概要

●プラットフォーム機能
- コンタクトセンター機能
- チケット管理機能
- 内部タスク管理機能
- ワークフロー機能
- マルチテナント機能
- テナント管理機能
- 顧客ポータルサイト連携
- 多言語対応

●商材管理
- 商材(モノ、サービス)登録
- 料金設定(タリフ)
- 割引、キャンペーン管理
- オプション設定

●顧客管理
- 顧客登録 (法人、個人)
- 請求転送設定
- 請求、金融決済方法設定
- 与信情報登録

●受注・手配
- 見積処理、受注処理
- プロビジョニング
- 手配処理、手配連携
- 係争

●課金処理
- 課金サイクル
- メディエーション
- メーターデータ管理
- 課金処理

●請求・入金決済処理
- 請求処理
- 入金決済処理
- 金融機関インタフェース
●  会計インタフェース

サービス・オーケストレーション

自社が提供する商材(モノ・サービス)を他のチャネル(他社)の複数の商材と組み合わせる事によって、付加価値の高い新たなサービスを顧客に提供する事ができます。
サービス統合(オーケストレーション)によって、従来商材がこれまでリーチできなかった新たなチャネルに繋がり拡販されます。
異業種他社とのサービス連携をするためのエコシステムは、特にIoT等のデジタル商材にとっては不可欠なしくみとなります。

顧客←仮想サービス事業者・プロバイダー←各社サービス

ソリューション導入までの流れ(例)

クラウド型で利用する場合、最短で6週間程度で新たなサービスを立ち上げる事ができます。

商材分析(2週間)→キャパシティープランニング(1-2週間)→環境手配:国内クラウド利用(1-2週間)→インストール&
商材等設定(2-3週間)→稼働 <全体:6-9週間>
※日本国内、クラウド利用、扱い商材10未満、単純立ち上げのケース

【上記に含まれない作業】
● 他システムインタフェース開発
● 新規画面、帳票開発
● カスタマーポータルサイト開発
● データ移行作業
● ネットワーク設定
● 高信頼性対応
● 技術移管、トレーニング
● その他関連する検証作業 など

Infonova R6 導入・ソリューション応用例

● MVNOのサービス基盤
● IoTサービス基盤
● スマートシティーのサービス基盤
● HEMSと連動したホームサービス基盤
● ポイント管理システム基盤
● ICTサービス基盤
● 異業種間エコシステム基盤
● 代理店システム基盤
● 社内サービス統合化のための基盤
● API連携ゲートウェイ
● 新規事業展開基盤
● グループ内サービス管理基盤 等