経営統合支援(PMI)

経営・事業戦略と人事を連動させることで企業の競争優位性を追求する

国内市場の成熟化が進展し、成長戦略としてのM&Aがこれまで以上に重要性を増しています。その一方で、経営統合したものの、思ったような統合シナジーを創出できず、M&Aが成果創出につながっていない企業が散見されています。
アビームコンサルティングは、経営統合における「戦略と統合方針の整理」から「PMI(統合計画の策定~実行)」までをトータルに支援することで、統合シナジーの創出を実現します。

国内市場の成熟化により高まるM&Aの重要性

国内市場の成熟化が進み、業界再編が加速する中、日本におけるM&A件数は増加を続けており、成長戦略としての重要性はこれまで以上に高まっています。また、競合他社もM&Aを推進することを考えると、統合シナジーをより高く創出するためのPMI(Post Merger Integration)まで含めて考えることがより一層求められます。

市場の成熟化の進展→国内市場←少子化による将来的な市場飽和
▼
・IN-IN
生き残りをかけた業界再編/事業再編が加速
・IN-OUT
海外での成長機会の獲得が必須
▼
成長戦略としてのM&Aと統合シナジーを確実に創出するためのPMIの重要性がこれまで以上に高まる

経営統合推進で見られる事象と原因

経営統合したものの、思ったような統合シナジーを創出できず、M&Aが成果創出に繋がっていない企業が散見されます。その大きな原因は、統合協議において、方針/計画/体制/ルール/進め方等を両社が十分に踏み込んで討議できておらず、実質的な共通認識が得られていないことに起因します。

●経営統合推進上のよくある事象
・両社がお互いに配慮したり、相互不信のため、表面上の討議に終始し、お互いの本音が出てこない
・旧社の文化や仕事のやり方に固執するため議論が収束しない
・旧社間で不要な駆け引きや軋轢が生じる

・新会社としての新しい理念や価値観が定着せず、役職者間で価値観が共有されない
・旧社出身の経営者間において、経営戦略や事業戦略に対する認識が十分に共有しきれていない

・組織の整理が一向に進まず、同一機能の部門が複数存在する
・あるべき姿は描けているが業務プロセスの一本化が進まない
・システムの統合検討が進まず、コストが高止まりしている
▼
●想定される原因(例)
・議論の軸や論点がぶれないよう、中立的な立場で討議の場を主導できていない
・プロジェクトの錯綜を防止するため、目的/ゴール/前提条件/検討軸等を十分に討議できていない
・統合を全社横断的に舵取りできる人材がおらず、組織全体のシナジー創出に向けた検討が遅々として進まない

経営統合推進における外部専門家の活用メリット

このような失敗に陥らないために、PMIに関する豊富な経験・実績を有する外部専門家の活用は有効です。

●常に先を見通した推進の実現
-豊富な経験・実績に裏付けられた方法論をベースに、お客様の事情に即した経営統合時に陥りやすい落とし穴への対処も踏まえた、抜け漏れのない推進計画をスピーディーに設計  等
●客観性・合理性の担保
-利害関係を有する統合当事者のみでは難しい冷静さや客観性を前提にした合理的助言
-統合当事者間のみでは難しいステークホルダー間の対立の解消  等
●高度なプロジェクトマネジメントの実現
-複数プロジェクトを高度なレベルで同時にマネジメントする体制の実現
-各局面で同時多発的に発生する課題への対応(各領域のプロフェッショナル人材活用含む)  等

経営統合支援(PMI)サービスの概要

アビームコンサルティングは、中長期的な統合シナジー創出には立ち上げの段階から統合計画や推進体制を整えることが肝要と考えます。弊社の経営統合支援(PMI)サービスは、「PMO(プロジェクト推進・管理)/チェンジ・マネジメント」、「戦略」、「組織・人」、「業務プロセス」、「システム」の体系化した5領域に対する専門家チームを構築し、統合に向けたテーマの設定・解決を図り、実効性の高い統合計画の策定から、統合の実行まで支援します。

【事前検討フェーズ】早期立ち上げ
●戦略 ●組織・人
・初期的DD
財務 税務 法務 ビジネス 等
●業務プロセス
・ビジネスDD
●システム
・システムDD

【統合計画フェーズ】統合計画/推進体制の整備
■調査・分析~戦略策定
●PMO/チェンジマネジメント
皆が共通のゴールんい向かって検討できるよう、目指す姿を明文化
・統合基本構想のい策定 ・経営レベルでの統合推進体制構築
●戦略 ●組織・人
・各種DD
財務 税務 法務 ビジネス 人事 システム
・統合推進体制の構築 ・統合検討対象の見極め ・統合後のありたい姿の設定(定性/定量) ・マイルストーン/統合スケジュールの決定
●業務プロセス
・ビジネスDD
●システム
・システムDD

■統合計画策定
具体的なシナジー施策と統合方法・スキームを決定
●PMO/チェンジマネジメント
・経営管理/ガバナンス体系の検討 ・シナジー具体化の推捗管理 ・PMIプロセスを通してのプログラムマネジメント
●戦略
・事業ポートフォリオの再構築 ・事業統合
●組織・人
・グループ組織体制の再構築 ・人事制度の統合
●業務プロセス
・機能/プロセス統合 ・拠点の統廃合
●システム
・グループ内における情報システムのあり方の検討 ・各エリア(会計系/営業系/物流、生産系)における情報システムの統合検討

【統合実施フェーズ】統合シナジー創出
■統合実施
統合プラン実現に向けた活動推進と共に、目標の実現状況をモニタリング
●PMO/チェンジマネジメント
・シナジー進捗(計画・実施)管理
●戦略 ●組織・人 ●業務プロセス
・グループ内の取引ルール設定 ・お互いの顧客、製品紹介(クロスセル)
・対象会社の業績管理体系構築(予算/実績管理方法の共有) ・各種間接業務(営業、経理等の事務作業)の効率化・統合

シナジー創出に向けた経営統合における主なテーマ

経営統合によりシナジーを創出するためには、単に組織やシステムを統合するだけでなく、統合を契機とした営業力の強化やコスト削減など、様々なテーマを同時に計画・実行していく必要があります。
アビームコンサルティングは、多くの経営統合を支援してきた知見と、総合コンサルティングファームの強みを最大限に活かし、経営統合を推進するだけでなく、各領域の専門コンサルタントとも連携し、統合シナジーの実現を支援します。

【施策の目的】
■売上増加
・営業力強化(クロスセル強化等)
・事業統合
・ブランド再構築
・チャンネル再構築
・取引統合
・人事制度改革・再構築
■売上増加、コスト削減
・組織再編・統合
・業務BPR・統合
・システム統合・再構築
■コスト削減
・拠点統廃合
・間接コスト削減(共同調達等)

主な支援実績

■金融
【業種】銀行
【概要】銀行同士の合併
【支援内容】
・統合準備委員会サポート
・チェンジマネジメント計画の立案・実行支援
・新組織の組織設計支援
・業務/システム統合支援
・その他(子会社設立支援など)

■製造
【業種】重工業
【概要】メーカー同士の合併
【支援内容】
・統合準備委員会サポート
・チェンジマネジメント計画の立案・実行支援
・人事統合支援
・業務/システム統合支援

■小売
【業種】食品
【概要】グループ事業再編
【支援内容】
・新組織の組織設計支援
・業務統合支援(財務経理)

PDFダウンロード

経営戦略/経営改革」関連のお客様事例