新規事業開発

国内市場の成熟、事業ライフサイクル短期化を背景に、新規事業開発の重要性はますます高まっています。一方、その成功率はいまだ低位に留まっているのが現状です。アビームコンサルティングは、総合型コンサルティングファームならではの幅広いサービスラインナップと、新規事業開発の豊富な支援実績を生かし、成功要因を押さえ、コンセプト創造から事業立上・展開までトータルで支援いたします。

新規事業開発の低い成功率

近年、経営環境の変化のスピードが増し、既存事業の陳腐化が早まる中、新規事業開発の重要性がますます高まっています。
しかし、新規事業開発は、コンセプト創造後、立上まで至り、さらに単年黒字化に達する事業は、25%に留まるなど、「頓挫し易い」「成功し難い」取組みであり、特性を踏まえた企画・運営が必須です。

【コンセプト創造】100%
↓
【計画立案】88% (差12%)
↓
【事業立上】
・立上準備 70% (差18%)
・立上   55% (差15%) 
↓
【事業展開】
・単年黒字化 25% (差30%)「単年黒字化」至る事業は25%
・累損解消   9% (差16%)
・中核事業化  7% (差 2%)

各ステップにおける成功事業の割合(コンセプト創造に至った事業を100%とした場合)

出所:弊社自主調査

新規事業開発の成功要因

新規事業開発の成功要因は、弊社支援実績の知見から、次の4項目に集約されると考えられます。

■顧客インサイト
・顧客の抱える問題を解決する方法を具体的に定義する。
↓
■アイデアのストーリー化
・アイデアを「思い付き」で終わらせず、継続的に儲ける仕組みを定義する。
↓
■見込み客の発掘・育成
・新規事業の対象となり得る確度の高い見込み客を発掘し、それを育成していく。
↓
■顧客インサイト

■顧客インサイト ■アイデアのストーリー化 ■見込み客の発掘・育成
↑↓
■インキュベーションセンター
・新規事業立上の重要性を自社内で広く認知させ、事業運営の基盤となる組織を確立する。

出所:弊社自主調査

上記4項目は、弊社自主調査結果でも裏付けられています。
【新規事業開発に「成功した方」が「失敗した方」に比べて重要視したポイント】
■「コンセプト創造」「計画立案」工程における取組の優先順位 25項目中上位5項目
・継続的に儲ける仕組みを定義できていること               アイデアのストーリー化   +15ポイント
・商品・サービスに合理的な価格帯を設定できていること          顧客インサイト       +11ポイント
・進捗に応じてコンセプト・計画をブラッシュアップできていること     アイデアのストーリー化   +11ポイント
・顧客の問題を解決する手段(商品・サービス)を具体的に定義できていること 顧客インサイト       +11ポイント
・ターゲットが抱える問題を具体的に定義できていること          顧客インサイト       + 9ポイント

■「立上準備」工程における取組の優先順位 18項目中上位5項目
・事業運営に適した人材がアサインされていること             インキュベーションセンター +14ポイント
・確度の高い見込み客を特定できること                  見込み客の発掘・育成    +14ポイント
・事業運営の基盤となる企業・組織が確立できていること          インキュベーションセンター +14ポイント
・新規事業の営業組織が確立できていること                見込み客の発掘・育成    +13ポイント
・経営層によるトップ営業がなされていること               見込み客の発掘・育成    +12ポイント

■人材/組織インフラ要件における取組の優先順位 19項目中上位5項目
・新規事業立上に強い思いがあること                   インキュベーションセンター +14ポイント
・新規事業立上に優先的に業務時間を割けること              インキュベーションセンター +14ポイント
・新規事業立上の必然性が自社内で広く共有されていること         インキュベーションセンター +11ポイント
・新規事業への撤退判断基準が定義されていること             インキュベーションセンター +10ポイント
・新規事業への撤退を判断する会議体/責任者が定義されていること      インキュベーションセンター + 9ポイント

出所:弊社自主調査

アビームの提供価値

総合型コンサルティングファームならではの幅広いサービスラインナップと豊富な支援実績を生かし、新規事業のコンセプト創造から事業立上・展開まで、トータルで支援いたします。

■新規事業開発の取組全体像
①コンセプト創造
・事業の目的/位置付け/達成基準明確化
・事業コンセプトの創造と絞り込み
↑↓
②事業計画の策定
・ポテンシャル/実現性/事業KFSの検証
・コンセプト具体化と計画への落し込み
・収支シミュレーション
↑↓
③実行計画の策定
・関連部署との調整
・推進部署の立上
・M&A/アライアンスの具体化
・実行計画の策定
↓
④事業立上
・パイロット試行
・オペレーション/システム基盤の整備
・コンセプト/計画見直し
↓
⑤事業展開
・商品・サービスのブラッシュアップ
・計画モニタリング・評価
▲トータルで支援
■代表的な支援サービス 
【代表的なサービス】       【概要】
A,ビジネスオポチュニティ探索   - 有望かつ自社の強みが活かせる新規事業のオポチュニティ探索を支援
B,市場・顧客・競合調査      - 外部環境の客観的事実を多様なデータソースから収集・分析し、事業アイデアの探索・検証を支援
C,ワークショップ/研修       - ワークショップや研修形式にて、アイデア創造を支援
D,フィージビリティスタディ    - 第3者視点で事業性をクイックに評価し、意思決定を支援
E,事業計画策定支援        - 事業コンセプトを検証・構造化し、一環したストーリー・計画への落し込みを支援
F,パートナリング支援       - M&Aを含む提携先候補のロングリスト作成や提携交渉を支援
G,営業支援            - ターゲット設定・営業資料作成・営業活動・販売チャネル交渉等を支援
H,実証実験実行支援        - 事業立上前の実証実行を実施し、ビジネスモデル検証・収益性確認を支援
I,経営基盤構築(会社設立支援)  - 新事業に適合した社内インフラの構築の支援
J,新規事業統合支援(ハンズオン型)- 特定のテーマ・課題に依らず、新規事業企画・立上をハンズオン型で広く支援
K,インキュベーションセンター支援 - 既存組織と独立した、新規事業開発の専任組織設立・運営を支援

新規事業開発支援例

【顧客】
①大手物流会社
【背景】
・物流機能を活かしたネット分野での新規ビジネス模索
・ビジネスモデル策定、提携先交渉・JV立上等を早期開始する必要
【ABeamの支援内容】
■コンセプト創造
・ターゲット顧客絞込み
・提供価値の明確化
↑↓
■事業計画の策定
・ビジネスモデルの具体化
・事業計画策定
↑↓
■実行計画の策定
・顧客ニーズ・競合調査
・サービス仕様の設計
↓
■事業立上
・JVスキーム設計、進行管理
・業務プロセス整備
・会社設立後の営業支援
↓
【成果】
・スケジュール通りにJV設立し、市場シェア獲得、ブランドイメージ確立
・JV設立以前からの複数クライアントを確保したことで、効率的に事業拡大

【顧客】
②大手サービス会社
【背景】
・外部環境変化で、新機軸の商品を開発が求められていた
・親会社の成長戦略により、当該事業の売上増加が必要
【ABeamの支援内容】
■事業計画の策定
・事業全体の戦略見直し
・新商品開発
↓↑
■実行計画の策定
・商品仕様設計
・広告方針策定
・広告代理店の選定
↓
■事業立上
・システム企画支援
・販売パートナー交渉等
↓
事業展開
・計画モニタリング支援
↓
【成果】
・大幅に売上増加し(1.3倍)、利益も2倍まで増加
・事業計画、新商品開発、広告方針策定、システム企画などをハンズオンでトータル支援

主な支援実績

上記のほか、多数の業界で多様な支援実績があります。

■顧客                        ■支援内容
【製造】
・エレクトロニクス製造会社 ⇒ 新規事業立上プロセス及びルール策定支援
・電気製品製造会社     ⇒ 新規事業戦略策定支援
・自動車会社        ⇒ 海外市場参入の新規事業の市場調査・JVパートナー探索支援

【金融】
・カード会社        ⇒ 新ビジネスモデル構想策定支援
・物流系金融会社      ⇒ 新規金融サービス立上支援
・銀行           ⇒ 新銀行設立支援

【コンシュマービジネス】
・消費財会社        ⇒ 通販事業立上げ
・小売会社         ⇒ 新宅配ビジネスモデル構想策定支援
・小売会社         ⇒ ソーシャルビジネス戦略策定

【サービス・インフラ】
・旅行代理店        ⇒ 訪日観光客向け新規サービス立上支援
・ITソフト会社       ⇒ 新規事業ワーキンググループ支援
・情報通信会社        ⇒ クラウド戦略・サービス立上支援

PDFダウンロード

経営戦略/経営改革」関連のお客様事例