ITデューデリジェンス/PMI支援サービス

統合リスクを把握し、最適な統合を支援

昨今の企業活動において、ITは業務遂行上のインフラとして必要不可欠です。しかし、M&Aや事業再編時にITデューデリジェンスやその結果にもとづくPMI(Post Merger Integration:経営統合)/IT統合を実施しないまま事業統合し、「業務が遂行できない」「想定したシナジー効果が出ない」「想定外のキャッシュアウトが発生する」といった、企業活動そのものを揺るがす重大な問題が発生するケースが少なくありません。
アビームコンサルティングは、総合コンサルティングファームならではの豊富なプロジェクト事例にもとづく高い専門知識を活用し、ITの正確な評価と評価結果をもとにしたIT統合計画策定を行い、企業のM&Aや事業再編の価値最大化を支援いたします。

統合に向けたアプローチ

事業統合後も問題なく企業活動を継続するために、統合前にITデューデリジェンスおよびPMIを行います。また、IT完全統合に向けて再度PMIを行うことで、より企業に最適なIT統合を目指します。

統合前
ビジネスデューデリジェンス→その他のデューデリジェンス→PMI→IT統合

Day1(事業統合)
暫定統合
 運用・保守
IT完全統合への準備
 PMI→IT統合

Day2(IT完全統合)
 運用・保守

ITデューデリジェンス/PMI実施のポイント

Point1:IT統合を見据えたITデューデリジェンス
M&A/事業再編後のIT統合を見据えたITデューデリジェンスを行うことで、 企業運営を阻害する問題・リスクを早期に把握
 経営運営を阻害する問題
 ・統合後の会計情報が見えず、決算が行えないリスクがある
 ・Day1後のIT統合が進まない場合、インテグレーションメリットが低下
 組織運営を阻害する問題
 ・事業分割によるM&Aの場合、事業分割後の新会社のITを見る組織・人がいない
 業務運営を阻害する問題
 ・共通システム(経理、人事など)を事業分割後は使用できなくなる
 ・データ移行に伴う複雑なデータの切り分けが必要
 IT運営を阻害する問題
 ・事業分割によるM&Aの場合、事業分割後の新会社のITを見る組織・人がいない
 ・現状と同等のライセンス体系・単価が適用できなくなる
 ・現行システムの一部を継続利用する場合、使用料の支払いが発生

Point2:Day2早期化による統合シナジー効果最大化
 統合による追加対応・コストも踏まえた評価・検討
 Day2早期化により統合シナジー効果/ディール価値を最大化

Point3:ITデューデリジェンス結果を踏まえたPMI
 ITデューデリジェンスによる現状把握
 ・相手会社のIT資産・要員
 ・統合後にITは継続利用可能か
 ・統合リスクと対応方針
 Day1に向けたPMI
 ・Day1追加対応
 ・追加対応後のコスト
 ・統合リスクへの対策
 Day2に向けたPMI
→To-Beモデルデザイン
 ・戦略を最大化するITの姿
 ・何をどのように統合するか
 ・統合リスクへの対策
→As-IsとTo-Beのギャップ分析
 ・To-Beに向けた活動
 ・各活動の優先度・リスク
 ・いつまでに何を統合するか
→グランドデザイン
 ・計画の実現性
 ・統合までの全体コスト
 ・To-BeのITコスト削減/効率化

サービス概要

ITデューデリジェンスとPMIを一気通貫で実施することで、早期に最適なIT統合を実現します。また、IT統合後の運用・保守についてもオプションにて支援可能です。

ITデューデリジェンス
アビームコンサルティング独自のフレームワークを活用し、ITの現状を整理/課題を明確化した上で、今後のIT価値向上のための取り組みを支援します。ITライフサイクル全般を可視化し、IT統合に向けてビジネス・業務影響を踏まえたリスクを評価します。

【実施内容】
 既存情報確認/質問表送付
 ・現地から、初期情報収集一覧と質問票に沿って情報収集
 ・IT部門の諸要素を網羅的に確認
 課題整理/追加ヒアリング
 ・業務プロセス/システム/運用管理する要員の関係や課題を整理
 ・IT全体像・ポリシーや、不足情報・非資料化情報についてIT部門担当者にヒアリングを実施し、網羅的に課題を整理
 収集情報の整理/報告書作成
 ・収集情報を整理して、調査結果報告書を作成
 ・IT資産の評価および統合に向けたリスクや対応方針を整理し、統合に向けた予備検討も一部開始

【作成物イメージ】
 初期情報収集一覧
 質問表
 課題整理
 リスクと対応方針
 IT資産評価

PMI
M&A/事業再編を行う戦略およびITデューデリジェンスの調査結果を踏まえ、統合後のITのあるべき姿を明確にした上で、Day1に向けた暫定対応を進めます。また、ヒト・モノ・カネの3つの視点と実現難易度を踏まえて、Day2に向けた最適なITグランドデザイン策定を支援します。

【実施内容】
 改革テーマの検討
 ・経営戦略(経営の方向性)、業務上の課題、システム上の課題を体系化した上で、将来のITに求められる要件を整理
 ・特に重要な要件を実現する改革テーマを抽出
 あるべき姿/展開方針策定
 ・改革テーマを実現する、統合後のあるべき姿(To-Beシステム像)を定義
 ・あるべき姿は一度に実現するのではなく、実効性を鑑みた上で段階的な実施ステップを検討し、それぞれのゴールを明確化
 ITグランドデザイン策定
 ・ヒト・モノ・カネの3つの視点から見た実現難易度と実施後の期待効果にもとづき、優先度を決定
 ・優先度を踏まえて、あるべき姿の実現に向けた中長期のロードマップを作成

【作成物イメージ】
 戦略とIT要件の紐付け
 IT改革テーマ
 To-Beシステム像
 実施ステップ
 投資対効果試算
 ITロードマップ

PDFダウンロード

ITストラテジー/プランニング」関連のお客様事例