IT人材育成サービス

これからのIT人材は、ITを通じたビジネス/業務への直接的な貢献が求められます。人材変革が待ったなしの状況にある一方で、多くの企業において人材に関する課題は根深く、育成が立ち行かない状況にあります。
アビームコンサルティングは、豊富な業界ナレッジおよびシステム導入・運用実績に基づいて、IT人材が目指すべきスキル・人材像を体系的に定義した上で現状スキル分析・目指す姿とのギャップ分析を実施し、現在の保有スキルを念頭においた実効性のある育成計画の策定を支援いたします。

IT人材の課題と今後求められる価値

ITから自律的にビジネスや業務の変革を促す人材が求められていますが、企業のIT部門やIT子会社はそれぞれIT人材にかかわる根深い課題があり、IT人材育成が停滞しています。

■IT部門にかかわる課題
 コンプライアンス関連業務の負担増
 運用・保守の負荷増大
 慢性的な人手不足
 育成遅れ、スキル低下
 IT部門の地位低下
■IT子会社にかかわる課題
 親会社の仕事が保障されることによる「危機意識欠如」「スキル低下」
 競争環境にないことによる「高コスト体質」
■経営からITへの期待
 さらなる効率化の実現
 新ビジネスに貢献する仕組みの提案
 海外展開の実現
 コンプライアンス、CSRの確保
↓【IT人材に求められる価値】
・ITによる事業価値の向上(経営環境の変化に対応し、事業価値向上に貢献する)
・ITを活用した業務改革の推進(ITによる継続的な業務プロセス改善をリードし、業務効率化に大きく寄与する)
・効果的/効率的な内部統制の確保(ITによる可視化を進め、適切な統制環境を整備する)

サービスの特徴

1.豊富なシステム導入・運用実績にもとづくIT人材育成
 アビームコンサルティングの豊富なシステム導入・運用の実績に基づき、現場になじむ育成の仕組みを策定
2.業界標準と企業固有のバランスを実現
 業界標準と、企業固有性のバランスに配慮し、企業にフィットした人材要件や育成手段を検討
3.IT人材育成フェーズをトータルサポート
 ビジネス研修提供、人材育成システム導入など幅広いソリューションで育成実行フェーズを支援

サービスアプローチ

まず、企業のIT戦略を達成するために必要なスキルを体系化した「スキルフレームワーク」と「IT人材像」を定義します。次に、本枠組みを用いて「IT人材スキル分析」を実施し、目指す姿とのギャップを埋めるための「IT人材育成計画策定」に取り組みます。

Step1.ITスキル・人材像定義
 IT戦略を達成するために必要なスキル体系・人材像を定義
(タスク)IT組織のあるべき姿の整理、スキルフレームワークの定義、目指すべき人材像の定義

Step2.IT人材スキル分析
 IT組織/人材の現状スキル、目指す姿とのギャップを分析
(タスク)企業のIT人材のスキルチェック、現状スキル分析/ギャップ分析、課題導出・優先順位付け

Step3.IT人材育成計画策定
 目指す姿に向けた 育成施策・育成ロードマップを策定
(タスク)育成方向性の検討、育成施策の具体化(人材像別)、育成ロードマップの策定

サービス概要

ITスキルの業界標準であるiコンピテンシ、企業の固有性およびIT人材育成に関するアビームコンサルティング実績を活用して、IT人材のスキル体系や目指す人材像を定義し、企業の現状保有スキルを出発点として実効性のある育成計画を立案します。

Step1:ITスキル・人材像定義

業界標準(iコンピテンシ ディクショナリ)と企業の固有性とのバランスを勘案しながら、企業の実態に即した「スキルフレームワーク」と「目指すべきIT人材像」を策定します。

業界標準(iコンピテンシ ディクショナリ)
 IPA※によるITスキル標準「iコンピテンシ ディクショナリ」をもとに網羅性を担保
×
企業の固有性(特性・事業方針)
 企業特性や事業方向性を踏まえ、スキルの体系/人材像を定義
×
アビームコンサルティングのIT人材に関する知見
 従業員規模や企業形態(本社IT部門/ITベンダー/IT子会社)に合わせ、アビームコンサルティングの知見を最大活用
↓【スキルフレームワーク、人材像の策定】
提供資料イメージ
 ※IPA:独立行政法人情報処理推進機構(Information-technology Promotion Agency, Japan)

Step2:IT人材スキル分析

スキルフレームワークを用いて企業のIT人材スキルを調査・分析します。
IT組織の目指すべき姿を定義し、現状のIT人材スキルとのギャップを埋めるための育成アクションを抽出します。

現状スキルの分析
 スキルフレームワークを用いてIT人材のスキルを調査・分析し、保有スキルの全体傾向や、年次・役職などさまざまな切り口による傾向を可視化

目指す姿とのギャップ分析
 IT組織の目指す姿や人材ポートフォリオを定義し、現状とのギャップを分析
 育成課題を導出し、対応の優先順位を検討

Step3:IT人材育成計画策定

スキル分析結果に基づき、目指すIT組織に向けた育成施策をメニュー化し、ロードマップを作成します。
教育(OFF-JT)、現場トレーニング(OJT)、育成施策定着化といった実行フェーズも支援します。

育成施策のメニュー化
 「指導者」「経験機会」「知識習得」の3 軸で育成施策を導出
 IT人材像別に育成施策をメニュー化

育成ロードマップ
 現在の保有スキルを念頭に、IT人材像到達に向けた育成ロードマップを作成

オプション:育成実行フェーズ支援
・教育(OFF-JT)
 現行研修の評価・見直し
 研修の調達
 ビジネスコアスキル研修の提供
・現場トレーニング(OJT)
 計画的OJT の導入
 マネジメント層の育成・マインド改革
 標準プロセス・方法論の整備
・育成施策定着化
 人材育成システムの企画・調達・導入
 人材像認定制度の導入
 スキル育成と人事制度(処遇)連動

PDFダウンロード

ITストラテジー/プランニング」関連のお客様事例