IT部門 企画・調達支援サービス

今や企業においてITはビジネス遂行上必要不可欠な要素となっています。そして今後企業のIT部門は、さらなるビジネス拡大を目的とした「攻めのIT」と、既存ITの最適化を目的とした「守りのIT」の2つの観点で、ビジネスに貢献することが求められています。そのためには、企業の課題をITによって解決する「企画力」および立案した企画を確実に実現する「調達力」が重要になります。
アビームコンサルティングは、日々収集している最新のIT知識をもとに、施策の効果や実現性および限られたリソース状況を加味した具体的なIT化実行計画を策定し、調達までを支援いたします。

IT部門に求められるもの

企業のIT部門は、経営・業務部門からの要求を含め、ビジネスに貢献していくために解決すべき課題を多く抱えています。
今後は、「企画力」および企画を具現化する「調達力」によって、ITを活用して課題を解決することが求められます。

IT部門が解決すべき課題
 経営・業務部門の要求をITで実現できない
 経営・業務部門の要求の優先付けができない
 IT投資効果の説明ができず、案件着手できない
 期待した投資効果が出ない/効果を測定できない
 ベンダー提案の妥当性が評価できない
↓
これからのIT部門に求められるもの
 経営・業務部門
 ↓要求/問題の把握
 企画力(情報の整理・優先度付け・構想策定・実行計画作成・最新情勢調査・期待効果測定)
 ↓具現化
 調達力(ITの導入・効果測定・ソリューション決定・ベンダー契約)
 ↓ITの提供
 経営・業務部門

 市場
 ↓市場の把握
 企画力(情報の整理・優先度付け・構想策定・実行計画作成・最新情勢調査・期待効果測定)
 ↓具現化
 調達力(ITの導入・効果測定・ソリューション決定・ベンダー契約)
 ↑ソリューション選定
 市場

サービス概要

アビームコンサルティングのIT部門企画・調達サービスは、企画と調達の2ステップで実施します。
企業にとってビジネス貢献度の高いIT施策を明確にした上で、その施策を実現する実行計画の策定および最適なソリューションの調達を行います。

Step1 企画
実行計画の策定 
さまざまな業界での豊富な経験をもとに、 経営、業務部門からのあらゆる要求を4つのIT施策タイプに区分し、 施策の効果・実現性・限られたリソース状況を加味した、具体的な IT化実行計画を策定
↓
実現性のあるIT化実行計画

Step2 調達
最適なソリューション選定
一般的な「定量評価」とユーザの「利便性確認」により、企業に最適なソリューションを選定

投資に対するフィードバック
企画導入後に実際の効果と期待効果を比較し、将来を見越したフィードバックを実施

Step1:企画

経営、業務部門からのさまざまな要求に対し、重要度/期待効果/概算見積/フィージビリティなどを整理し、具体的に実施するIT企画を決定します。また、決定した企画に関して実現性のあるIT化実行計画を策定し、施策の具現化を推進します。

企画の詳細化(RFIを含む)
・概要
 実施するIT企画を決定するにあたって必要な詳細情報を、アビームコンサルティングの過去事例などを活用して整理
 企画を詳細化する上で情報が不足している場合は、技術実現性/市場価格調査を目的にRFIを実施
・成果物イメージ
 IT企画一覧

IT企画の決定
・概要
 詳細化した情報をもとに、企業にとって最も有効なIT企画を決定
 IT企画は、実施優先度と期待効果によりポートフォリオに整理し、評価
・成果物イメージ
 IT施策の検討

IT化実行計画の策定
・概要
 最も有効と考えるIT企画に対し、アビームコンサルティングの過去事例などを活用し、実現性のある実行計画書を作成
 本実行計画は調達でソリューションを決定するにあたり、更新
・成果物イメージ
 IT化実行計画

Step2:調達

企画で作成した実行計画に則り、市場から最適なソリューション(製品・ベンダー)を選定します。
過去の事例を最大限活用し、必要項目を漏れなく記載した提案依頼書を作成し、市場から有益な提案を引き出します。
適切な提案評価を実施するため、企業の特徴を踏まえた選定基準を定義するとともに、ユーザの利便性確認を実施し、最適なソリューションを選定します。
また、調達実施後に各施策の効果を測定し、さらなる改善の検討を行うことで、中長期的に企業のビジネスに貢献します。

提案依頼(RFP)
・概要
 企業の特徴を意識した上でアビームコンサルティングの過去事例を活用し、ソリューションを選定する評価基準・項目を定義
 定義した選定基準・項目を網羅した提案依頼書を作成
・成果物イメージ
 選定基準定義書

ソリューション決定
・概要
 ベンダーからの提案書を定義した選定基準・項目に則り評価し企業の目的を満たすソリューションを選定
 各ソリューションに対し企業内で利便性を確認後、最適なソリューションを選定
・成果物イメージ
 提案評価シート

フィードバック
・概要
 プロジェクト完遂後、期待効果と同様の手法で実際の効果を測定
 期待効果と実際の効果を比較し、投資結果の明確化に加え、さらに企業に貢献する施策の検討・提案
・成果物イメージ
 フィードバックシート

PDFダウンロード

ITストラテジー/プランニング」関連のお客様事例