SAP S/4HANA リアルタイム経営基盤実現ロードマップ策定サービス

企業において、経営の見える化と意思決定を支援するために経営基盤が導入される一方、顧客や現場のニーズに応えることを優先するあまり、個別最適が進み複雑な仕組みになりつつあります。また、クラウドやモバイルといった急激なテクノロジーの進化により、業務部門がSaaS 型のサービスを独自で採用するなど、IT 部門がガバナンスを効かせられないシステムが増えています。
しかしながら、企業活動のさらなるグローバル化やチャネルの多様化が進むにつれ、市場のニーズに迅速に呼応する意思決定を行うための「リアルタイム経営」がこれまで以上に求められ、企業の経営基盤もそれらのニーズを支えるシンプルでスピーディな仕組みへの進化が必要です。
アビームコンサルティングは、リアルタイム経営基盤に求められる新たな経営基盤のグランドデザインを描いた上で、SAP HANA® へのスムーズな移行およびSAP® Business Suite 4 SAP HANA®(以下SAP S/4HANA)導入を総合的に支援いたします。

現在
SAP ERP⇔ SAP BW
・SAP ERP を中心に、各システムと
個別に連携
・データ分析の処理速度確保のため
ERP のデータをBW にも重複して保持

↓

Phase 1
SAP Business Suite powered by SAP HANA
・分析(SAP BW) と実績管理(SAP ERP)のシステムを統合
・SAP のクラウド化

↓

Phase 2
SAP S/4 HANA⇔SAP HANA Cloud Platform
・基幹システムを必要な機能のみにスリム化
・SAP S/4 HANA とSAP HANA Cloud Platform を連携し、SAP HANA の特性を最大限生かした基盤を構築

サービス概要

現状では、大きく2 つのステップでサービスを提供します。
まず、基幹系ERP を対象としたIT デューデリジェンスにより、現行IT 資産・運用コスト構造からシステムの課題を浮き彫りにします。並行して既存のERP データをSAP HANA 環境に実際に移行し、パフォーマンスおよび新機能の確認を行います。
これらをインプットとして効果算定を実施し、リアルタイム経営基盤実現へ向けてのロードマップ策定を実施し、SAP HANA 基盤への移行を進めていきます。
SAP S/4HANA については、アプリケーションのリリースに合わせてサービス提供範囲を拡大していきます。

Phase 1
Step 1
ITデューデリジェンスによるシステム課題抽出
・AS-IS基幹システム簡易構造分析による課題抽出
SAP HANA基盤におけるPoC※の実施
・現行システムのHANA化
・パフォーマンス確認
・移行時のダウンタイムシミュレーション
・(オプション)SAP S/4HANA化のためのExchange Innovation 適用対応
※PoC(Proof of Concept):新たな概念やアイデアなどが実現可能であることを示すこと

Step 2
ロードマップ策定
・簡易効果算定
・構想テーマ設定
・クラウド活用検討
・マスタースケジュール策定
・リアルタイム経営基盤実現へのアプローチ

↓

SAP HANA基盤への移行

↓

Phase 2
SAP S/4HANAによるリアルタイム経営基盤の実現
・SAP Simple LogisticsとSAP Simple Financeの導入
・SAP Fioriによるユーザインターフェースのデバイスフリー化
・SaaS / IoTとの融合基盤の構築
※SAP S/4 HANAのアプリケーションリリースに合わせてサービス提供範囲を拡大予定

サービスの特徴

本サービス導入により、リアルタイム経営基盤プラットフォーム実現に向けての課題・効果およびコスト構造が整理されるとともに、過渡期を含めた中長期的な実現アプローチが加味され、実現性の高いロードマップを策定することが可能です。

より効率的なロードマップ策定
・クイックに基幹システムのIT費用構造を整理
・他社ベンチマークを参考に、IT基盤・運用の課題を抽出しておくことで、ロードマップ策定を効率化

実保有データでの効果試算実施
・実際に企業が保有する経営基盤のデータをSAP HANA基盤にトライアル移行し、業務において想定される効果を試算
・本番移行前に、実際の操作性、ビジネスダウンタイム、SAP HANAのパフォーマンス効果などを確認可能

最適な投資計画策定を実現
・経営上優先度の高い課題と照らし合わせた本移行計画策定により、最適な投資計画策定を実現

知識豊富なコンサルタントによる策定支援
・業務知識とSAP HANA特性を理解したコンサルタントが、現行課題と経営方針を踏まえてロードマップ策定を支援

将来を見据えた計画策定
・オプションとして、SAP S/4HANAで提供される会計アプリケーション「SAP Simple Finance」 へアップグレードを実施し、有用性の確認をすることも可能

成果物イメージ

リアルタイム経営基盤実現に向けて、必要な各種ドキュメントを提供します。

リアルタイム経営基盤実現 アプローチ効果算定 構想テーマ策定 マスタースケジュール POCテクニカルレポート

参考:ABeam Cloudの活用

POC 実施環境やSAP HANA およびSAP S/4HANA への移行後の環境に、アビームコンサルティングが提供しているクラウドサービス「ABeam Cloud」を利用することができます。
ABeam Cloud の利用により、ハードウェア調達や運用設計が不要になります。加えて、アビームコンサルティング社内でのプロジェクトメンバーとPOC 実施メンバー間のナレッジ移行による作業効率化および一部プロジェクトタスクの削減が可能となるため、移行プロジェクト期間の最小化およびコスト削減が期待できます。


PDFダウンロード

テクノロジーマネジメント」関連のお客様事例