アビーム不動産管理ソリューション ACRES

不動産業界への豊富なシステム導入実績を集約したクラウドソリューション

企業経営を取り巻くさまざまな環境変化への対応のひとつとして、企業における不動産管理が近年重要になっています。一方で、多くの企業が「不動産情報がバラバラに管理されており情報収集に時間がかかる」「自社で保有・賃借している物件が有効活用されているかわからない」「物件別の収支情報や時価情報収集に時間・コストがかかる」「効果的な不動産投資が行われているかわからない」といった課題を抱えています。
アビームコンサルティングは、不動産情報の一元管理から不動産情報の戦略的活用および投資案件管理を実現するためのソリューションをクラウドで提供いたします。

CRE戦略推進の重要性

企業が所有する不動産を重要な経営資源と位置づけ、その管理・活用を最適に行うことで企業価値の最大化を実現するCRE(企業不動産)戦略は、近年ますます重要性が高まっています。CRE 戦略の推進においては、企業不動産の価値を正しく評価し、不動産をより効果的に活用することが求められています。

企業価値の最大化に向けたCRE戦略の推進
企業不動産価値の正しい評価 × 不動産の効果的な活用
↓
必要となる施策例
拠点統廃合、稼働率向上、コスト削減、空室リードタイム削減、老朽化対応

ACRES導入効果

アビーム不動産管理ソリューション(以下ACRES)は、不動産に関わる情報(スペック・収支・契約・施設保存など)を一元管理し、活用状況を見える化することで、企業不動産を正しく評価し、不動産利用の高効率化・収益性の向上を実現します。また、一元管理によって機能集約や二重入力の解消が達成され、業務効率化に寄与します。

スペック情報、物件収支情報、契約情報、施設保全情報
↓
ACRES
使用状況の見える化、メンテナンス履歴の活用/計画保全の把握・判断、コストの拠点間比較や推移の分析
↓
CRE戦略の策定

機能別効果
物件管理
・不動産利用の高効率化
・効果的な物件配置計画・物件統廃合による不動産コスト削減

契約管理
・業務プロセスの見直しによる作業効率の向上
・外部委託サービス契約先集約などによる維持管理コスト削減

施設保全
・修繕計画作成・各種報告書作成業務の効率化
・修繕計画の確度向上・計画外修繕発生リスクの低減

資産管理
・収支管理・分析によるCRE戦略立案支援
・CRE戦略推進の効果検証・見直しの実施

ACRESのサービス構成

ACRESは、不動産のライフサイクル全体を管理するための基幹システムとしての利用だけでなく、情報一元化のための業務機能利用や既存データを活用したレポーティング機能利用など、部分的に利用することも可能です。

不動産のライフサイクル全体を管理するための基幹システム

情報一元化のための業務機能

既存データを活用したレポーティング機能

対象企業

不動産賃貸業を中心とした不動産ビジネスを展開する企業(AM・PM・BM を問わず)だけでなく、保有・賃借にかかわらず不動産を多く活用している企業を対象としています。

不動産オーナー
・本業への貢献度評価や統廃合などの管理

施設管理
・ライフサイクルコストを最小化する保守計画

不動産賃貸業
・物件が生み出す価値を最大化する賃貸・出口戦略

リテール業(小売店など)
・不動産に見合う売り上げの創出評価、売り上げに起因する不動産特性分析

不動産仲介業
・交渉材料として有効な不動産特性分析

導入事例

業種と内容

大手鉄道会社
■物件・契約情報を一元管理し、全ての債権債務を物件・契約に紐付かせることで、物件収支管理を高度化
■PM子会社への同時導入により、グループ間賃貸借・オーナー精算業務を効率化

大手ドラッグストア
■賃借契約を中心とした契約情報と物件を一元管理し、店舗の収支管理を高度化
■会計システムとの経理連携を強化することで、会計管理業務を効率化

大手アセットマネジメント会社
■物件・契約情報を一元管理し、空室ロスを見える化することで、PM会社の監督・評価を高度化

大手製造業
■自社物件・賃借物件・工場など多様な物件を一元管理し、物件の稼働率を判定することで、不動産利用を高効率化

PDFダウンロード

不動産」関連のお客様事例