「45日」中期経営計画策定支援サービス

競合優位な企業へ変革するには、マネジメントレベルから現場まで中期経営計画を確実に浸透させ、変化の激しい外部環境に対応することが必要となります。そのためには、従業員の行動実態と顧客の認識を正しく捉えなければなりません。
アビームコンサルティングは、現在の中期経営計画の浸透度調査から新中期経営計画策定までを総合的に支援いたします。

中期経営計画の浸透度捕捉の必要性

従来
トップ
現場
顧客
戦略が現場レベルに落としこめない
現場は何をすればよいかわからず、行動は変わらない
顧客ニーズに応えることができず、顧客の認識がトップに伝わらない
現在~これから
トップ
現場
顧客
従業員の取り組み実態、および顧客の認識がトップに伝わる
戦略が現場に十分に落とし込まれる
現場の行動が変わり、顧客ニーズに応えることができる

サービス概要

現在の中期経営計画( 現中計) の浸透度測定後、課題を抽出し、新中期経営計画のテーマを検討します。その上で経営トップによる集中討議を経て、新中期経営計画(新中計) の方向性をとりまとめます。

現中計の浸透度測定
- 従業員サーベイによる、中計施策の「認知度」「納得度」「行動度」などの測定
- 顧客サーベイによる、顧客からの評価、競合との対比、離反意向などの測定
GAP分析
- 従業員および顧客認識のギャップ分析
新中計の方向性策定
- 浸透度測定結果およびGAP分析に基づき、新中計テーマのリストアップ
- 経営トップによる集中討議
アウトプット作業イメージ(例)

プロジェクトアプローチ

一連のサービスを45日で実施します。

1 現中計の浸透度測定
従業員サーベイ
顧客サーベイ
現中計の課題抽出/ 新中計のテーマ検討
2 新中計の方向性策定
集中討議の準備~集中討議(合宿形式)
討議結果のラップアップ(新中計の方向性とりまとめ)
45日間

アビームコンサルティングの強み

アビームコンサルティングはこれまでのコンサルティング事業で培ったノウハウ、独自のフレームワークならびに方法論/スキルを活用し、サービスを提供します。

圧倒的なスピード
現中計の浸透度測定(従業員・顧客調査)~経営トップによる議論~ 新中計の方向性策定まで、45日で実施します
現中期経営計画の浸透度測定
数多くの調査経験に基づくノウハウと独自のフレームワークを活用した調査を実施します
経営トップによる集中討議
豊富な改革構想プロジェクト経験に培われたファシリテーション・インタビュースキルなどにより十分日で実施します

プロジェクト実績

業種
プロジェクトの背景
プロジェクトの成果
食品卸売業
現中期経営計画の最終年度にあたり、新中期経営計画策定の必要があった
国内市場の成熟、消費者嗜好の変化、業界再編が進展する中で、中長期的な勝ち残りを模索していた
そのような中、現中期経営計画の“浸透度”を測定し、新計画策定へのインプットとしようとしていた
現中期経営計画の“浸透度”から、現場における“認知~行動ギャップ”、更に“顧客側との認識ギャップ”が判明した
上記ギャップを踏まえて、新中期経営計画でやるべきテーマが明確になった
中期目標を設定し、各テーマごとの具体的な施策・実行計画への落とし込みが行われた
金融サービス業
外部環境の急激な変化により、当初の中期経営計画の前提条件が変わってしまい、計画修正が求められていた
戦略の優先順位付けの見直し、コストコントロール策などの検討を行い、激化する競争環境への対応が必要であった
コストモデルの策定およびビジネスモデルの仮説策定を行った上で、SWOT 分析を行い、収益計画を策定した
併せて他行・競合分析を実施し、当初計画の評価を行うことで課題を抽出し、修正計画において目指すべき方向性を明確化した

PDFダウンロード

経営戦略/経営改革」関連のお客様事例