マスタ統合ソリューション

導入実績に基づく独自のアプローチ論を活用

グローバル経営管理、M&A、各種業務統合(SCM、PSI、CRM、PLM など)の実現には、マスタ統合は欠かせないテーマです。しかしながら、「適切なマスタ統合スコープの定義」「適切なマスタ統合ソリューションの選択」だけではマスタ統合を成功に導くことはできません。
アビームコンサルティングは、独自のアプローチ論を活用したマスタ統合ソリューションサービスを提供いたします。

マスタ統合の必要性

[経営管理]
多方面からの経営情報分析
M&A後のビジネス統合・システム統合
内部統制/コンプライアンス対応
[業務プロセス]
会社・組織をまたがった情報見える化
グローバルSCM・調達の実現
トレーサビリティの実現
[IT基盤]
システムのメンテナンスコスト削減
老朽化に伴うシステムリプレイス
システム機能およびデータの集約
↓
[マスタ統合の手段]
1.コード標準化
2.コード統合
3.マスタ統合(難易度大)
・マスタ統合範囲スコーピング
・マスタ統合ソリューション

マスタ統合成功への3つのポイント

■Point1 Think‘Big’Do‘Small’
・マスタ統合スコープを大きく描いて小さく始めることが重要
・なぜなら、統合されたマスタの背後には多数のシステム・業務が潜んでいる
■Point2 MDM is‘Simple’
・MDMへ必要な機能はシンプルな機能
・コード採番と採番に必要な項目の管理が必要
・ハイブリッドUI(User Interface)により、将来の拡張性と柔軟性を担保
■Point3 マスタ統合アプローチ
・マスタ統合のアプローチが最も重要な鍵
・トップダウンアプローチからボトムアップアプローチまでで、マスタ統合プロジェクトの成功が90%以上決定
・システムチェックで対応できないコード統合が肝

[マスタ統合アプローチの方法論]
トップダウンアプローチ
・経営の観点から見たマスタ統合の目的を定義
・経営管理指標となるマスタ・コードの選定、あるべきコード体系の定義
ボトムアップアプローチ
・業務・システム観点から見た統合対象マスタの選定
・対象マスタ・項目の主管部門、マスタ管理組織の定義
・マスタ管理業務プロセスの定義
アプローチ確認
・MDM 実装を行い、トップダウンとボトムアップのすり合わせを実施
・本番稼動に向けたシステム開発・データ移行
本番運用
・マスタ管理業務プロセスの定着・浸透
・稼動後に劣化するマスタデータの品質維持・向上(クレンジング)

マスタ統合アプローチ

アビームコンサルティングは、マスタ統合・MDM導入の実績をもとに、マスタ統合アプローチの方法論をまとめています。
マスタ統合を成功に導くために一番重要なのは、マスタ統合のアプローチです。「トップダウンアプローチ」から「ボトムアップアプローチ」までのアプローチが、マスタ統合プロジェクト成功の90%以上を占めると考えています。

■トップダウンアプローチ
1.マスタ統合目的の定義
・経営の観点から見た「何のためにマスタ統合するのか」というトップダウンの目的を明確にします。
・生産、販売物流、会計といった業務領域の観点で課題を整理し、課題解決のための施策や各業務領域の考える目的を明確にします。
2.経営視点・業務視点からの統合対象マスタ選定・標準コード体系定義
・商品、取引先、組織、その他共通マスタといった主要分類ごとに経営管理指標となるコードを選定し、理想的なあるべきコード体系を定義します。
・マスタ統合の目的実現に必要となる、統合対象マスタを選定します。
■ボトムアップアプローチ
3.システム視点からの統合対象マスタ選定
・システム、業務視点から誰もが納得できる数値的・定量的判断基準を定義し、その基準に従って統合対象マスタを選定します。
・マスタごとにマスタ統合パターン(集中管理型、Hub型、集約型)を定義します。
4.専任のマスタ管理部門・管理者を設置、マスタ項目単位の主管部門を定義
・コードとコード発番に必要な基本情報を管理する、専任マスタ管理部門・管理者を定義・設置します。
・業務実行時に同時メンテナンスするマスタ項目単位で、主管部門を定義します。
5.マスタ運用プロセスの定義(事業領域別・マスタ種類別 etc)
・事業領域(例:食品、消費財、自動車 など)×業務処理(登録・変更・照会・削除、起案・承認)で整理したパターンごとに業務プロセスを定義します。
・品目タイプ・勘定グループといったキー項目となる要素を考慮して検討します。
■アプローチの確認
6.MDM(マスタ管理システム)の実装
・登録業務プロセス、マスタ管理、配信・同期の3機能ごとにプロトタイプを作成します。
・プロトタイプの活用で効率的にMDMを実装します。定期的に改版される(と想定される)マスタ仕様と同期をとりながらプロトタイプのバージョンも改版していきます。
7.テスト移行~本番移行
・各テストフェーズ用にマスタデータを準備することで、これまでのアプローチ精度を確認していきます。
・スムーズな本番稼動を迎えるため段階的な本番稼動を進めます。
■本番運用
8.本番運用を通じた品質の維持・向上
・本番稼動直後は、マスタデータが最もきれいな状態で揃っています。
・稼動後に劣化していくマスタデータの品質維持・向上のため、チェック処理を追加開発したり、定期的なクレンジング機能を準備します。

サービス概要

アビームコンサルティングのマスタ統合ソリューションは、短期的な現状調査・分析、構想策定といったコンサルティングサービスから、中長期的なシステム構築、運用後支援といったMDM導入プロジェクトまで、総合的なサービスを提供します。

■MDM導入プロジェクト
1.現状調査・分析(約1ヶ月:コンサルティングサービス)
[サービス]クイックアセスメント
[サービス概要]現状調査・分析(業務プロセス/システム/マスタ)、マスタ品質診断、マスタ統合目的の策定

2.構想策定(2~3ヶ月:コンサルティングサービス)
[サービス]基本構想策定
[サービス概要]RFP作成支援、MDMパッケージ選定、統合対象マスタの選定、マスタ運用プロセス定義

3.システム構築(半年~1年)
[サービス]短期導入ソリューション
[サービス概要]プロトタイプ方式、MDMテンプレート、Excel申請書、ハイブリッドUI

4.運用後支援(3ヶ月)
[サービス]稼動後支援
[サービス概要]業務定着化支援、システム運用支援、マスタ品質の維持向上、稼動後マスタ品質診断

PDFダウンロード

流通・サービス」関連のお客様事例