グローバル連結経営管理強化サービス

今日、連結ベースでの経営管理の重要性はこれまで以上に高まっています。制度会計においては、連結財務諸表を基本とした有価証券報告書の早期作成や、連結財務諸表での四半期報告書の早期作成が求められています。一方、連結ベースで月次や四半期単位での海外子会社を含めた管理会計は多くの企業で行なわれていないのが現状です。
企業のグローバル化が進展した今日、国際会計基準におけるマネジメントアプローチに対応し、財務情報のみならず物流情報などの事業管理情報も対象とした連結経営管理を強化することは、迅速な経営判断を必要とする企業における必須課題となっています。
アビームコンサルティングは連結経営管理強化に関する各種サービスを総合的に提供いたします。

連結経営管理強化の必要性

■企業を取り巻く外部環境
・グローバルでの企業間競争の激化/
・経営者の早期かつ正確な判断の必要性
・マネジメントアプローチ対応による経営管理の開示
・四半期報告制度による経営管理サイクルの短縮化
・市場・投資家からの決算早期化の要請
・国際会計基準の全面適用(アダプション)
■各企業における課題
・システムから意思決定に必要な情報がタイムリーに抽出されない
・計画数値の精度が悪く PDCA サイクルが悪循環
・財務会計数値と管理会計数値の乖離
・海外を含めた子会社からの経営情報収集遅延
・海外子会社の経営数値が不明瞭
▼
■制度・管理の垣根を越えて、グローバル連結経営の強化が必要
・ミッション ビジョン   組織目標/計画
・戦略           経営モニタリング指標設定
               共通制度/管理会計
・オペレーション     KPI 測定
               実際業務
・連結財務情報(予算・実績)
・地域別 事 業 組 織

連結経営管理のフレームワーク

連結経営を強化するためには、経営情報を目的に合わせて、必要なタイミング・精度・データ加工処理を定義した上で、経営情報を可視化する必要があります。アビームコンサルティングでは、目的に合わせて連結経営管理のフレームワークを以下のように定義し、必要なときに必要な情報を提供できる仕組み構築を提案します。

・製造・販売に関わる情報  管理連結情報  制度連結情報
・目的  経営管理目的  外部公表目的、法制度準拠
・サイクル  日次 週次 月次 四半期 半期 年次
・タイミング(例)  1営業日 毎週木曜日 5営業日 6営業日後 10営業日後 月内開示
・対象データ(管理領域)  実績 計画 PSI全体 生産計画 PSI全体 製造から販売までの物流情報(数量・金額) 
                 実績 予算 会計・ロジ・その他KPI 会計・ロジ 会計システムからの月次財務情報(PL BS)
                 実績 予算 会計・ロジ・その他 KPI 会計システム、子会社からの四半期財務情報(PL BS CF)
・セグメント  地域、会社、事業、品目 地域、会社、事業 会計基準/法令に準拠した外部公表用セグメント
・データ処理  マスタコードの統一/変換  簡便的な連結処理 制度連結処理
・対象会社範囲  経営管理の対象となる関係会社 経営管理の対象となる関係会社 連結財務諸表作成基準に準拠した連結対象範囲

 

連結経営強化支援のポイント

グローバルでの連結経営を強化するためには、共通の制度の下での連結経営管理が重要となり、グループにおける会計制度の 標準化を行う必要があります。アビームコンサルティングは以下のような視点でプロジェクトに取り組みます。

●制度の統一化
■会計方針の統一
連結ベースで経営情報数値を管理するためには、各関係会社から収集する会計情報の計上ルールの統一が必要
▼
海外子会社へのガバナンスを効かせる意味合いも含め、グループ共通の会計方針を定め、関係会社に展開
■関係会社の決算期の統一
制度会計上は期ずれで問題はないが、同月連結を行う管理会計数値と乖離を低減し、制度・管理の整合性確保が必要
▼
現地法制度上、本社の決算期に統一が出来ない一部の国を除き、各関係会社の決算期を変更
■管理体系(組織形態)の統一
研究開発に投下するコストとその回収をグループ全体で把握するため、販社で発生したコストも製品軸での管理が必要
▼
グループ販売子会社の管理体系(組織形態)を顧客種別から品目別へと変更
●勘定科目の統一 化
■関係会社の勘定科目体系見直し
各関係会社が、グループ共通の連結経営管理要件に対応した業務情報、財務情報の作成・提出が必要
▼
各社が独自に運用していた勘定科目では連結経営管理要件に対応できないため、各社の勘定科目を対応できるレベルに詳細化
■各勘定科目の意味合いの共通化
正しい意味での連結ベースでの数値の把握、および共通の認識の上での関係会社の指導が必要
▼
売上、原価、販管費など各関係会社によって意味合いの異なっている各勘定科目を共通化(返品、リベートの扱いなども含む)

連結経営情報基盤 例

データソース 連結情報収集 連結情報DWH 目的別情報加工 活用方法 対象ユーザー
SAP® ERP  
SAP NetWeaver® Master Data Management SAP® BusinessObjects™ Data Quality Management
SAP® BusinessObjects™ Financial Consolidation
会計情報 File 連結用マスター作成 制度連結処理 外部開示 投資家
販売情報 マスタークレンジング 管理連結処理 経営意思決定 経営層
生産情報 SAP® Business Objects™ Data Integrator 
人事情報 データ収集変換 連結用マスター SAP® BusinessObjects™ Enterprise  
非財務情報  File 大規模データベース 分析用途別集計 経営分析 経営層 管理層
SAP® BusinessObjects™ Planning and Consolidation  SAP NetWeaver® Business Warehouse 販売動向分析 管理層
予算情報 現場管理 実務層

PDFダウンロード

FMC」関連のお客様事例