予算策定プロセス導入支援サービス

今日の激変する経営環境において、各企業には確実な経営の舵取りが求められています。
これは、企業の掲げている経営のミッション、ビジョンを背景とした中長期計画、それを達成するための年度計画/ 月次計画の策定、Plan-Do-Check-Action(PDCA)サイクルによる、適切な情報のモニタリング、タイムリーなフィードバック、継続的な計画の見直しを図ることで実現化します。
アビームコンサルティングでは、予算策定、継続的な見直しに関して、プロセス策定の支援からシステム構築・導入までの幅広いコンサルティングサービスを提供いたします。

予算策定プロセス構築の進め方(方法論)

アビームコンサルティングのこれまでの経験を基にした方法論をベースに予算策定プロセス構築プロジェクトを実施します。
フェーズごとに戦略・プロセス・システム・組織の4 つの観点で包括的に作業タスクを整理し、プロジェクト運営を支援します。
■ 典型的な作業タスク(例)

計画フェーズ
設計フェーズ
開発・テスト・移行フェーズ
運用フェーズ
戦略
・企業Vision整理
・重要戦略整理
・KPIの設定
・予算管理組織定義
・KPIの実装
・業績評価への連動
プロセス
・To-Beプロセスの記述
・対象プロセス範囲の決定
・対象グループ会社の決定
・PDCAサイクル定義
・必要情報の定義
・入力フォーム定義
・レポート定義
・管理フロー定義
・業務マニュアル最終化
・定期運用(年次・四半期・月次・日次・ローリング)
システム
・既存システム調査
・ユーザーIFの定義
・Gap解消方針の検討
・システムマップの最終化
・ツールの選定
・キューブ概要設計
・基幹システムとのIF整理
・技術基盤の導入準備
・キューブ詳細設計
・入力フォーム開発
・プログラミング
・各種テスト
・データ移行
・システムの保守運用
人・組織
・プロジェクト推進体制
・権限設定
・トレーニング
・継続的啓蒙活動

予算策定プロセスの標準テンプレート (Industry Framework®)

アビームコンサルティングでは、新予算策定プロセス(To-Be プロセス)の検討時に、これまでの多くの経験に基づいた標準業務テンプレート (Industry Framework®)を使用します。これにより、比較的短期間で網羅的にプロセスの検討・策定を実施可能にします。
標準テンプレート
- 標準業務プロセス
- 標準データフロー など

標準テンプレート(Industry Framework®)
中長期経営計画策定
単年度計画策定
予実管理
AS-IS分析(現場の課題)
調査シート
要件定義書(To-Beプロセス)
業務フロー(To-Beプロセス)
Industry Framework®:業種別業務プロセスの標準モデル
テンプレートの利点
・短期間で要件定義を行い、早期導入することで、激変する経営環境の中で迅速にプロセス改善を実施することが可能になります。
・テンプレートとの対比を行うことで、認識できていない課題を顕在化することが可能になります。
・導入工数の削減になり、導入コストを抑えることになります。

システム構成 例

SAP® Business Objects ™ Planning and Consolidation は、統合化プラットフォームを用いて、効率的な予算策定業務を実現するためツールです。ユーザの用途に合わせて柔軟な予算策定プロセスおよびシステムを構築することができます。

SAP® BusinessObjects™ Planning and Consolidation
付加ツール群
入出力処理(関数)
ステータス管理
配賦処理
各種バッチ処理
権限管理
入出力を定義・ステータス管理・マニュアル配賦処理・各種バッチ処理を行うことが可能
構造化されたデータ
構造化されていないデータ
予算策定マニュアルや策定スケジュールなどをBPC Webで共有可能
対応ユーザインタフェース
リアルタイムに
・ Word
・ PowerPoint
・ Excel
へデータ出力
Webブラウザ
ポータル
レポートのWeb公開で情報共有
オフライン配布
A社
B社
C社
オフラインで入力表の自動作成や配布/回収が可能
資料提供: SAPジャパン株式会社

PDFダウンロード

テクノロジーマネジメント」関連のお客様事例