社員を知る

伊藤 大平 伊藤 大平

伊藤 大平
シニアコンサルタント

プロセス&テクノロジー
ビジネスユニット
ITMSセクター
2012年 新卒入社

コンサルティングスキルと
ITスキルの両面を高められる場所。

ドキュメンテーション、ファシリテーションなどのコンサルティングスキルや、プロジェクトをマネジメントするうえで必要な推進力を手に入れること。さらにデータベースを中心にITスキルを突き詰めること。若いうちにコンサルティングとIT両面の基礎を固め、クライアントの近くで変革の実現を支援できるのがアビームの魅力です。

クライアントの期待値を汲み取り、
コントロールする力。

私は入社後の配属から一貫して、金融業界のプロジェクトに参画しています。これまで約2年間、インフラチームの一員としてシステム保守から始まり、クライアントのシステム運用チームへの技術支援や運用部門の業務改善、システムリプレイスを経験することで、企業のシステム全体の流れを理解することができました。このプロジェクトを通じて、ITスキルを武器にするコンサルタントとしての基礎を固めることができたと思っています。また、腰を据えて、一つのクライアントと向き合ってきたからこそ、見えた部分もありました。

入社2年目に任された文書管理ツールの更新は、私にとって初めての大きな案件だったこともあり、気合いを入れて臨みました。自分なりに仮説、検証を繰り返し、考え抜いて提案しましたが、それはクライアントが望む以上のオーバースペックなツールになっていたのです。最終的には必要のない機能を削ぎ落とし、クライアントの要望に合致したツールを導入できました。クライアントの期待値を正確に汲み取り、品質、コスト、スケジュールをコントロールする大切さを学んだ案件でした。

クライアントを動かす。

システムリプレイスの案件でもまた、多くの学びがありました。リプレイス後の運用設計を担当し、クライアントの担当者と一緒に運用業務の検証を行っていたときのことです。私が設計した手順では運用が回らないことが判明しました。改めて、クライアントの運用チームや連携するアビームの他チームと折衝を行い、要件を整理し直しました。予定していた稼動開始にはなんとか漕ぎ着けることができましたが、チーム間の折衝を深く重ねることの重要性に気付きました。

また、こういった折衝を重ねていくなかで一番重要だと感じたのは、ファシリテーション力です。担当者自らが問題点を洗い出し、一緒に解決に向けて知恵を絞ってくれる。このように積極的に動いていただけるように、常にファシリテートしていたのはチームの先輩だったのです。ただ、事象やタスクを伝えるのではなく、いつ、何を、どのように伝えるのか。意識して伝えることで、課題の共有や、次のアクションの重要性を担当者が本当に理解して、積極的に関与していただける。こうしたファシリテーション力や推進力があってこそ、クライアントにとっての真のリアルパートナーになれるのだと先輩の姿勢から学んだのです。

魅力はキャリアの多様性と
クライアントとの距離の近さ。

アビームの魅力は大きく二つあると思っています。一つはキャリアの多様性です。私自身のキャリアがまさにそうですが、入社当初はデータベースを中心にシステムに対する知見を広め、深められる経験を積み、プロジェクトの計画策定や組織改革などの業務へシフトしていくことができます。

また、同期の仲間のキャリアも実に十人十色です。人材のスキルマップをつくっていたり、技術的にニッチな開発に取り組んでいたりと、戦略、組織、プロセス、ITと様々な専門家の道を歩んでいます。こういった他の領域で活躍する同期から話を聞けることはとても刺激的です。幅広いコンサルティング領域のなかで、自分にマッチした領域や専門分野を見つけられることも総合コンサルティングファームのアビームでしかできないことだと感じています。

もう一つの魅力は、クライアントと近い距離で変革の立案から実行まで携われることです。クライアントと一緒のチームになり、深く関わり合いながら、同じ目標に向かってプロジェクトを進めていくことで、クライアント自身が変わっていく姿を間近に感じることができるのはアビームならではの醍醐味でしょう。

若いうちに様々なプロジェクトを経験し、ITスキルとコンサルティングスキルの両面を身につけ、真の変革を実行できる人材を目指すには最適な環境です。

キャリアパス キャリアパス

HOMEへ