ABeam Consulting Ltd.

[プレスリリース]


print このページを印刷する
2016年1月27日
アビームコンサルティング株式会社

アビーム、「Intelligent Logistics Center構築支援サービス」提供開始

~ロジスティクスセンターの“パフォーマンス向上、
“ロジスティクスキャパシティの柔軟化”、“投資回収短期化”を実現~

アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 岩澤 俊典、東京都千代田区、以下 アビームコンサルティング)は、ロボティクス・センサー・クラウド・ビッグデータなど最先端技術を取り入れ、IoT時代に求められる新たなロジスティクスセンターの構築を支援する「Intelligent Logistics Center構築支援サービス」の提供を開始します。
テクノロジーの進化やデバイスの発達、購買行動の変化に対応するため、企業においてはさらなるロジスティクスの高度化・効率化が求められています。一方、国内の生産労働人口は年間約60万人規模で減少すると言われており、将来的な人手不足が懸念されています。特に労働集約型産業であるロジスティクスセンターの現場では多くの人手を必要とするため、より抜本的なパフォーマンス向上が必要になっています。しかしながら、人手不足を解消すべく設備投資を進めるにも多様化する顧客ニーズや急速に変化する事業環境に柔軟に対応できる設備でなければ、投資リスクが成長の足枷になってしまう可能性があります。このような様々な課題を解決するためには、新たなテクノロジーを適切に活用し、センター運営の高度化・効率化、またロジスティクス品質の維持・向上を実現する、「Intelligent Logistics Center」を構築する必要があります。
アビームコンサルティングが考える「Intelligent Logistics Center」とは柔軟性の高いロボットと、人をミックスしたIoT時代のロジスティクスセンターです。ロジスティクス領域だけでなく、バリューチェーン全体のプロセス改革によって物量波動の安定化を図り、さらには最新のロボティクス・IoT、ITソリューションの活用により “パフォーマンス向上”、“ロジスティクスキャパシティの柔軟化”、“投資回収短期化”を実現します。
「Intelligent Logistics Center構築支援サービス」により、センター運営高度化・効率化企画の立案から設計・構築、運営までを一貫してサポートします。コンサルティングサービスに加えて、各種ソリューションを必要に応じて組み合わせることで、サービス導入効果を最大化します。
「Intelligent Logistics Center構築支援サービス」によって提供される代表的なソリューションは以下です。
ご提供するサービス内容により価格、期間は異なりますが、弊社サービス(Butler除く)をトータルで導入いただく場合、目安として価格は数千万円~、サービス提供期間は4ヶ月程度~を想定しています。今後、ロジスティクスセンターの最適化を目指す企業を中心に初年度で5件の導入を目指していきます。
以上

*アビーム、ABeamおよびそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標または商標です。
*本文に記載されている会社名・商品名は一般に各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先