ABeam Consulting Ltd.

[社会貢献活動]


print このページを印刷する
2015年9月16日
アビームコンサルティング株式会社

9/12 三戸浜ビーチクリーンに当社社員とその家族、内定者を含む71名が参加
~公益財団法人かながわ海岸美化財団と協力し、海岸清掃活動を実施~

9月12日(土)、公益財団法人かながわ海岸美化財団と協力し、当社社員とその家族、来年4月入社予定の新卒内定者を含む71名が、神奈川県三浦市三戸浜海岸において海岸清掃活動を行いました。
当社では、「私たちは、コンサルティングサービスを通じてクライアントに新たな成功をもたらし、持続可能な社会の実現に貢献します。」というCSRのMissionを掲げ、様々なCSR活動を展開しています。
三戸浜における本活動は環境保全の一環として、①ゴミを拾うことで海岸をきれいにする(海岸美化)、②海辺に生息する生物たちの生息環境の保全(環境保全)、③拾ったゴミの分別によるリサイクルの推進、その3つを目的とし、台風接近のため中止となった2回を除き2006年より毎年実施し、今年は8回目の活動となります。
三戸浜のある神奈川県三浦市では「ライフスタイル美(み)うら宣言」というキャッチフレーズのもと、様々な環境美化活動の推進・取組みがなされています。本活動は、これらの取り組みに当社が賛同し、公益財団法人かながわ海岸美化財団様のご協力により開催されています。
当日は神奈川県のゴミの実態を、公益財団法人かながわ海岸美化財団様から、写真を用いたレクチャーを頂きました。「海岸のごみ」は、海に来た人たちが残したごみは一部であり、約7割は川を通じてわれわれが暮らす社会から流れ着いたものだということを学びました。また、街で暮らす一人ひとりの心がけによって、海岸のごみを減らしていくことができるのだということを心に刻みました。
その後、9チームに分かれて、海岸清掃活動を行い、不法に廃棄された粗大ゴミをはじめ、漂着ゴミ、夏の海岸でのレジャー後のゴミなどを回収しました。回収量は、一般ごみ、ビン・缶・ペットボトル、木くず、埋立ごみ、粗大ごみが約180㎏、台風などの影響による流木が約60㎏、総計240kgとなりました。
ヨットチーム、チーム・アビームのサポートを通じ、当社は海と深い縁があります。美しい海を守る「場」としての意義。そして、海を守るためには、陸から綺麗にする必要があることを学ぶ「場」としての意義。また、当社社員のお子さんも多数参加された事から、子供の頃から環境意識を育んでもらえる「場」としても意義のあるものになりました。
以上

*アビーム、ABeamおよびそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標または商標です。
**本文に記載されている会社名・商品名は一般に各社の登録商標または商標です。