アビームコンサルティングのCSR

CSR

2009年、CSR部(現 CSRユニット)を設立しました。
アビームコンサルティングCSRの在り方を模索しながら活動を継続し、
2013年には、CSRを経営活動の一環として捉え、CSR方針を策定しました。
お客様のグローバルな成長や、より良い地域社会・地球環境の実現へ貢献し、
持続可能な社会を構築するため、積極的なCSR活動を推進しています。

CSR方針

Mission
私たちは、コンサルティングサービスを通じて
クライアントに新たな成功をもたらし、持続可能な社会の実現に貢献します。
Vision CSR活動
私たちは、業務遂行にあたって不正が起こることを予防し、
健全かつ公正な企業経営に努めます。
強固な
事業基盤
私たちは、優れたコンサルティングノウハウを基盤とした事業活動によって、良質なサービスをクライアントに提供します。
お客様と
ともに
私たちは、良き企業市民として、画一的な貢献の形にとらわれることなく、貧困や教育をはじめとする社会的課題に対して、さまざまなパートナーと協力し、課題解決に向けて積極的に貢献します。
地域社会と
ともに
私たちは、事業活動において継続的な環境マネジメントの改善を行い、環境パフォーマンスの向上に努めるとともに、私たちの提供するサービス、その他の活動を通じて、地球環境負荷の低減に貢献します。
地球環境と
ともに
私たちは、全ての従業員にとって働きやすい、やりがいのある職場づくりに努めるとともに、社会貢献活動を通じた自己実現や自己成長を図ることのできる意欲ある従業員を積極的に支援します。
社員と
ともに

この方針に基づき、5つのCSR活動領域において、さまざまなCSR活動を展開しています。
今後は、本業であるコンサルティング事業の特性を活かしたCSR活動にも注力していきます。

CSR推進体制

当社では、「CSR委員会」と「CSRユニット」の2つの組織により、CSR活動を経営と一体化させた形で推進しています。
「CSR委員会」は経営への諮問機関として方針や行動計画などの政策立案を行い、「CSRユニット」は委員会で確定した方針の展開や行動計画を、関係各部署と連携しながら実行します。

CSRユニットを構成するメンバーは、現場感覚を保持するため他部署を兼務するメンバーで構成されています。自主性を尊重しながら、定例会やイベントへの参加を通じてロールモデル機能を果たすとともに担当業務を実行します。また、CSRユニットメンバー以外の社員もCSR活動へ自由に参加し、イベントや各プロボノ活動の支援業務を行います。

図:CSR推進体制