タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

スタンレーグループは、自動車照明製品、電子デバイス製品、電子応用製品を主に自動車メーカーや電機メーカーに提供する企業だ。
本社のある日本国内に引き続き、世界各地の生産拠点において基幹業務システム (ERP)の標準化を進めようとするなか、日本で蓄積された業務標準化とSAP導入のノウハウを活かし、日本国外ではタイスタンレーが他に先駆けて、SAPの導入にいち早く成功した。

時間を区切り正確に仕事をするという価値観など、従業員1人ひとりの考え方まで変える必要がありました。ここにABeamのプロの目が入ったことで、解決することができました。

Mr. Hiroyuki Nakano

President,
Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.
  • 課題
    • グローバルキャッシュフロー経営の強化
    • グローバルで最適な連結事業経営するための強固なIT基盤整備
    • グローバルスタンダードに対応した標準業務プロセスの統一
    • 部分最適システムから全体最適システムへの仕組みを構築
  • ソリューション
    • ローカルルールに配慮しつつ、本体のガバナンスを効かせた海外初SAP導入による標準化
    • 業務の標準化を定着するコード体系化と業務指標(KPI)の策定/導入
    • 役割と責任を明確化した業務フローと業務改善手法の浸透
    • 原価計算方式の仕組みつくりの確立
    • 日本からのナレッジトランスファーによる現場の知識向上
  • 成功のポイント
    • 現場に管理・統制の意義を徹底した説明、標準化のカルチャー定着に尽力
    • グループ全体の統制をとりつつ、タイ法制に合わせた柔軟な対応
    • 適切なミーティング設定による進捗管理と問題・課題の対応策を連携
    • 本番データを活用した現場ユーザによる入念な統合テスト実施

プロジェクト紹介はこちらからPDFダウンロード