アビームコンサルティング株式会社[自社事例:カーボンリスク対策実施事例]

カーボンリスク対策実施事例
ABeamのエネルギーマネジメント診断ツールの活用により、自社における短期にて効率的な省エネ・CO2排出量削減を実現。

世界レベルでの低炭素社会への移行は、今後どの業種の企業経営にとっても カーボンリスクとなって大きな影響を及ぼす。 もちろん、これまでも多くの企業は少なからず省エネや CO2 削減対策に取り組んでいるはずだ。 しかし、その取り組みは本当にこれからのカーボンリスク対策となり得るのだろうか。
「カーボンリスク対策支援サービス」を提唱するABeamは、自社にこのサービスを 取り入れ、本格的にカーボンリスク対策に乗り出し成果を上げている。

自社事例

やっと一般的なレベルになったところです。これからも、全社的な取り組みとして活動していきたい。
スタッフに関しては、専任スタッフを配置する方向で考えています。

アビームコンサルティング株式会社
執行役員 管理グループ統括部長
吉嵜 富雄
  • 課題
    • 地球温暖化対策を草の根運動レベルから企業の社会的責任として本格化
    • 世界的なレベルでのCO2排出削減への取り組みに対応する
    • 「カーボンリスク対策支援サービス」提供にあたり、まず自社で取り組むことにより、クライアントからの信頼性の確保へつなげる
  • ソリューション
    • エネルギーマネジメント診断ツールによる現状レベルの把握
    • 環境マネジメントにおける責任体制の構築、役割分担の明確化
    • エネルギーマネジメントの強化、PDCAサイクルの確立
    • エネルギー使用量、エネルギーコストの可視化
    • エネルギー・CO2 排出量データの一元管理
  • 成功のポイント
    • 役員を取り込んだ、CSR部環境管理委員会の設立
    • エネルギーマネジメント診断ツールによる客観的な現状把握と目標設定
    • 全社員への意識レベルの向上

プロジェクト紹介はこちらからPDFダウンロード